FC2ブログ

18年度♂の2本目交換終了

皆様、こんばんは!

OOKUWA BOXのJUUです


9/15から開始した♂の2本目交換ですが、
9/30に♂と思われるボトルの交換は終了しました。

食痕を出していない隠れ♂がいるでしょうか、今のところ♂173頭
全数が366頭ですので、47%くらいです。

前回9/15、9/16のKSP3の交換に続き、
9/22、9/23、9/29、9/30でLEVIN-Gの交換をしましたが、
幼虫体重はKSP3のそれと同じような乗り方でした。

昨年はLEVIN-G改を使用して1本目の体重が思っていたよりも乗らなかったのですが、
今年はLEVIN-Gで大体思った感じの体重になっていたと思います。

後で体重分布とAverageの表を貼りますが、
28g~30gが多かったです。

そんな中、1頭だけ突出して大きい個体が
6/12投入~9/29交換(109日)です

20180929_224228.jpg

1本目で39gは出たことがありません。
次点は34g台ですのでこんなのはこの個体だけ。
あまり大きくなりすぎても羽化させられる気がしませんが、どうせなら行くとこまで行ってしまえという思いですね。


以下、34g台は4頭です。

1番、3番、4番、6番なので
今年も虫蔵さん15-16ラインは好調です。

20180929_222409.jpg

20180929_232700.jpg

20180929_233622.jpg

20180930_142513.jpg






体重分布とAverageです
1番~13番はKSP3とLEVIN-G
14番以降は全てLEVIN-Gです

2018♂2本目交換


25g前後やそれ以下も結構おりまして、同じ環境、菌糸ですので首をかしげる部分もありますが、
手応えとしては過去のどの年よりも良い気がしています。

今年の2本目管理は昨年よりも温度低めで行きます。
3本目交換時に38g~42gあたりが狙いですが、昨年よりも体力を残したまま3本目に繋げたいです。




スポンサーサイト

18年ブリード2本目交換開始

皆様、こんばんは!

OOKUWA BOXのJUUです

9月も後半に差し掛かりすっかり涼しくなりましたね。
今日なんか東京でもちょっと寒いくらいでした。

さて、2本目交換ですが、先週末9/15から開始しています。

それに先立ち9月の1週目、2週目の週末はいつものように自詰めでブロックを詰めました。
昨年もそうでしたが、今年もKSPの1400ボトル、2本目は既成ボトルを使うこととして、詰めたのはLEVIN-Gの49ブロックと、
KSPの♀用に5ブロック。(我が家は♀は基本2本返しなのでこの量です)

出来高としては、
LEVIN-G 49ブロックから 1400×118本 800×41本
KSP3 5ブロックから 800×20本

慣れたものですが、2週連続でわりとハードな週末を過ごしまして、
2週目詰め終えた翌朝に酷い寝違えを起こしてしまいました。
もうすぐ2週間経つというのにまだ痛いです(汗)
年は取りたくないもんですね。

一応、記録用に
今年の2本目自詰めの1400ボトル(LEVIN-G)はこれくらいです。

20180901_162924.jpg






前置きが長くなりましたが、
6/2に1本目投入したボトル(KSP3)から交換開始してます。
作業は先週末9/15、9/16なので投入から105日での交換。
1週間経ってからの報告です。

9/15交換分

20180915_220427.jpg

20180915_222932.jpg

20180915_223346.jpg

20180915_224842.jpg

20180915_231343.jpg

20180915_231949.jpg

20180915_235134.jpg



9/16交換分

20180916_222333.jpg

20180916_223948.jpg

20180916_225502.jpg

20180916_232437.jpg

20180916_233426.jpg


20180917_002140.jpg

20180917_015845.jpg

20180917_020406.jpg

20180917_021947.jpg

20180917_023154.jpg


18-1: 31.2  30.9 29.6 29.5 29.3 29.3 26.2 21.3
18-2: 33.8  33.6  29.6 29.5 29.0
18-3: 32.4  32.1 30.1 29.6 29.1 28.5 28.3 22.4
18-4: 30.8 30.7  30.4 29.9 29.5 29.0 28.0 25.6 24.4
18-5: 31.4  29.8 29.6
18-6: 27.7
18-7: 30.6  28.6 24.8
18-8: 25.9
18-9: 33.7  27.7  27.6
18-10: 30.9 30.7 29.9 29.6 28.5 28.3 28.1 26.6
18-11: 29.8
18-12: 31.2 30.4 28.8 26.6
18-13: 32.3 30.6 21.5


KSP3♂交換57頭でAv29.0gです。

たまに25g前後の小さいのも出てきましたが概ねイメージ通りかと

28~32をイメージしていましたので、イメージ通りと言えばそうなんですが、
アベレージでもう1~2g乗っててほしかったなぁというのが思ってるところです。

今のところ感じがいいと思うのは2番でしょうか。

平日は忙しくて交換できませんでしたので、
明日(もう今日ですね)から交換再開していきます。




17年度羽化報告-④~最終報告~

皆様、こんばんは!

OOKUWA BOXのJUUです

17年度羽化報告4回目、今回が最終報告となります!
まだご報告していなかったラインをまとめて行きますので長くなりますがお付き合いください。

17年1番
♂親:自ブリ15年5番 85.0mm
♀親:B団ともさん15年(865×530) 54.0mm

このラインはオオクワブリード開始して初年度に羽化してきた15年5番85mmを種親として、
自分で羽化させた個体を初めて種親として挑んだライン。

KU1701-07
2017/6/10 E24 800
2017/9/23 E24 1400 32.0g
2017/12/23 E24 1400 34.9g
2018/7/上旬 羽化 85.8mm

20180825_082751.jpg

20180825_082857.jpg

20180825_082930.jpg

85.8mmで、親に似て顎は長くはないですが、体はいいです。
ただ、どうしたことか左脚の符節の先が取れてしまいました。
頗る元気ですのであまり気にはしていませんが。



17年3番
♂親:自ブリ15年5番 85.0mm
♀親:masukoさん15年6番 51.4mm

このラインは体重載らず幼虫飼育から苦戦していましたが、
MAX36.9gだった幼虫も最後に暴れてしまい82mmという結果でした。




17年4番
♂親:自ブリ15年7番 84.5mm
♀親:B団ともさん2015年(854×538)

このラインも自ブリ15年7番84.5mmを♂親としたライン
幼虫飼育では40gUPも出ていましたが最終的には♂の半数強が不全で★に。
どうにか羽化した84.2mmが最大でした。

KU1704-10
2017/6/10 E24 800
2017/9/30 E24 1400 30.4g
2017/12/25 E24 1400 31.2g
2018/6/中旬 羽化 84.2mm

20180724_180926.jpg

時間がなく夜の撮影だったので写真が暗く、さらにノギス写真しかありませんが、
なかなかの美肌で存在感のある個体が羽化しました。
全体的に野太い感じが♂親に似たかなと思います。



17年5番
♂親:自ブリ15年7番 84.5mm
♀親:masukoさん15年9番 52.0mm

こちらも自ブリ15年7番84.5mmを♂親としたライン。
付け合わせた♀はmasukoさんの15年9番。
このラインも羽化個体は♂親の形状に似てます。
最大はこちらも84mmでした

KU1705-01
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 29.5g
2017/12/16 KSP2 1400 33.9g
2018/6/上旬 羽化 84.0mm

20180724_172520.jpg

20180724_172610_2.jpg

こちらも夜間の撮影。。
さきほどの17年4番とよく似てますが、こちらのラインの方がややスリムです。
中々美肌で羽化しました。




17年6番
♂親:自ブリ15年7番 84.5mm
♀親:自ブリ16年4番早期 52.0mm

こちらは初めて早期♀個体を使用したライン。
自ブリの16年4番はskipさんとのコラボラインでメルリン14-5(87mm羽化後★同腹)とクマモンさんブリードのshima久留米の組合せ。
16年4番は少しお尻が出てしまったのですが85mmが羽化しました。

♂♀ともに自ブリ種親で挑んだ17年6番からは85.5mm(翅先開いてますが)が羽化

KU1706-22
2017/6/11 LG改 800
2017/9/23 LG改 1400 27.1g
2017/12/27 LG改 1400 38.3g
2018/6/中旬 羽化 85.5mm(翅先開き)

20180819_113838.jpg

20180819_114017.jpg

20180819_114623_2.jpg

翅先が少し開いてしまいましたが、この個体は太くて迫力があります。
17年4番、5番、6番はどのラインも形状はよく似た個体が多かったです。




17年8番
♂親:masukoさん15年6番 84.0mm
♀親:自ブリ16年8番早期 51.6mm

こちら♂親はmasukoさん15年6番86.8mm同腹
♀親は自ブリ16年8番の早期。
16年8番早期♀は17年15番で虫蔵さん15-16との掛け合わせで87mmが羽化してますが、
こちらのラインでは86mmUPとなりました。

KU1708-05
2017/6/17 E24 800
2017/9/23 E24 1400 32.0g
2017/12/23 E24 1400 37.1g
2018/6/中旬 羽化 86.1mm

20180818_102632.jpg

20180819_120004_2.jpg

綺麗に羽化した個体
なかなかスタイルも良くお気に入りの羽化個体です。
種親masukoさん15年6番84mmは17年度で2ライン組んでいましたが、
採卵できたのはこちらの17年8番のみ。
18年度も種親として使用して3ライン組みましたので、来年の羽化も楽しみになりました。




17年9番
♂親:masukoさん15年7番 85.3mm
♀親:庚午 虫蔵さん15年26番 53.0mm

こちらのラインはmasukoさん15年7番と虫蔵さん15年26番の組合せ。
masukoさん15年7番の特徴的な大顎と、不全の出にくい虫蔵さん15年26番の組合せです。
17年度では飼育数が最も多く(43頭)でしたが、食える菌糸と食えない菌糸がはっきり分かれてしまい、
小さいのは小さいまま、大きいのは最後に暴れに苦しむ、と中々苦戦してしまいました。
そんな中から何とか1頭。

KU1709-33
2017/6/17 LG改 800
2017/9/30 LG改 1400 26.9g
2018/1/3 LG改 1400 33.8g
2018/6/下旬 羽化 86.2mm

20180810_113622.jpg

20180810_113803.jpg

20180810_113859.jpg

このラインは全体的に細身の個体が多いです。
86.2mmも太さはないですので、大きさは感じない個体です。
大顎は親虫に似て直線的で長いです。

兄弟ではこんな個体も
20180819_115211.jpg

サイズは82.7mmで大きくないですが、随分と長い顎で羽化してきました。
顎が長くて細身でお尻がしまってますので、凄く小さく見えてしまいますが特徴のある個体と思います。

このラインは40gUPが1頭いたんですが、綺麗に蛹化したもののそのまま羽化することなく★になってしまいました。
羽化できてたら中々よかったんじゃ?と思わせる蛹でしたので、悔しさの残るラインとなりました。




17年10番
♂親:masukoさん15年7番 85.3mm
♀親:masukoさん15年6番 53.3mm

このラインは採卵が上手く行かずもともと4頭の少数でスタートしましたが、
飼育もうまくいきませんでしたね。
きちんと羽化まで辿り着けた個体は"0"と寂しい結果となってしまいました。




17年11番
♂親:masukoさん15年7番 85.3mm
♀親:黒王さん15MI-K11 53.0mm

こちらのラインも12頭の少数スタートで♂は3頭。
幼虫飼育では1頭成長不良でしたが、他の2頭は41.7gと38.0gでしたので羽化は期待していました。
結果的には体重の載った2頭は2頭とも仲良く86mm、翅開き、顎ズレという結果に・・・

KU1711-08
2017/6/24 LG改 800
2017/9/30 LG改 1400 29.3g
2018/1/3 LG改 1400 41.7g
2018/7/14 羽化 86.4mm(翅開き、顎ズレ)

20180825_075531.jpg

20180825_080254.jpg

20180825_080229.jpg

この個体は終盤羽化の目玉でしたが、最後にちょっと上手く行かず。
軽微ですが翅が開いて顎ズレとなってしまいました。
スタイルとバランスは良かったので残念。


KU1711-10
2017/6/24 LG改 800
2017/9/30 LG改 1400 27.4g
2018/1/3 LG改 1400 38.0g
2018/6/中旬 羽化 86.0mm(翅開き、顎ズレ)

20180825_080807.jpg

20180825_080941.jpg

こちらの個体の方が太さはあるので大きく見えます。
それにしても兄弟そろってパカズレとは・・・
片方だけでも完品で会いたかったですねぇ
この個体も、どちらかの顎を隠して見てみたら中々男前だと思います(笑)

♀は55mm前後で綺麗な個体がおりますので、使ってみましょうかね。




17年16番
♂親:庚午 虫蔵さん15年20番 84.0mm
♀親:庚午 虫蔵さん15年17番 54.0mm

こちらのラインは2017KLBラインにしようかと迷っていたライン。
幼虫飼育では39.8gとあとはぼちぼち35g前後でした。
17年度ブリードは総じて最後で暴れるという失敗で締められた一年でしたが、
このラインも暴れに苦しみました。
39.8gはどうにか羽化しましたが、本当はもっといけたんだろうな、が正直な感想です。

KU1716-10
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 31.5g
2017/12/17 KSP2 1400 39.8g
2018/6/下旬 羽化 85.0mm

20180818_083407.jpg

20180818_083823.jpg

20180818_083757.jpg

綺麗に羽化しましたがもう少しサイズはほしかったですね。
この個体は体が薄いです。
なんとも平べったい感じのする個体。
これまで見てきた個体の中では珍しい形状かなと思います。




17年17番
♂親:庚午 虫蔵さん15年20番 84.0mm
♀親:masukoさん15年11番 53.3mm

こちらのラインも♂親は虫蔵さん15年20番
掛け合わせた♀はmasukoさん15年11番
還元率の良かった虫蔵さん15年20番と体重の載りの良かったmasukoさん15年11番の組合せ。
幼虫飼育ではどの個体も35g前後でした。
こちらのラインからは84.5mmが羽化しています。

KU1717-04
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 29.3g
2017/12/17 KSP2 1400 36.5g
2018/6/上旬 羽化 84.5mm

20180722_121553.jpg

20180722_121756.jpg

大顎の張り出しが特徴的な個体。




17年18番
♂親:庚午 虫蔵さん15年20番 84.0mm
♀親:自ブリ16年7番 51.8mm

こちらのラインは虫蔵さん15年20番と自ブリ16年7番早期の組合せ。
自ブリ16年7番はB品含めてですが85mmが3頭羽化した体重の載るラインでした。

こちらの17年18番からは2頭の85mmが羽化しています。

KU1718-32
2017/6/11 LG改 800
2017/9/23 LG改 1400 24.2g
2018/12/27 LG改 1400 36.0g
2018/3/19 KSP2 1400 33.2g
2018/6/上旬 羽化 85.0mm

20180714_162336.jpg

20180819_111017.jpg

20180819_111004.jpg

この個体は暴れて4本目で羽化
最後暴れてしまいましたが綺麗に羽化しました。
細身で長さに出やすいラインかなと思います。
次に紹介するもう一頭の85mmも暴れて4本目で羽化しましたが、
昇温始めた3月あたりから暴れが出だして、その数の多さに撃沈でした。
この個体は諦めずに交換して良かったです。


KU1718-05
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 32.0g
2017/12/17 KSP2 1400 37.4g
2018/3/3 KSP2 1400 32.9g
2018/7/上旬 羽化 85.0mm

20180810_102807.jpg

20180810_102856.jpg

画像は85.2mmですが若干お尻が甘いので85.0mmで管理することとします。

こちらの個体も上の個体とよく似た形状かなと思います。


これで17年度羽化のご報告は終了です。
1回のブログでこんなに写真をUPするのはやめた方がいいですね。
えらい時間がかかってしまいました(笑)


17年度ブリードは何度も触れましたが、最後の暴れに苦しみました。
3本目交換でこれまでにない手ごたえを感じていましたが、実はそうでもなかったのでしょう。
なんとなくですが、3本目交換で全部出し切ってしまってたのかなと思いますね。

18年度ブリードでは17年度で上手く行かなかったことを改善して、
来年は是非とも特大個体羽化となるように頑張りたいと思います^^




17年度羽化報告-③17年14番

皆様、こんばんは!

OOKUWA BOXのJUUです


17年度羽化報告3回目です

17年14番
♂親 虫蔵さん15-16 84.0mm
♀親 黒王さん15K14 53.5mm

このラインも先日報告しましたKLBラインと同様に体重の載ったラインで期待値が高かったですが、
昇温後暴れを多く出してしまい、40gUPの3頭は全て4本目に交換して85UPという結果でした。



KU1714-04
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 33.6g
2017/12/16 KSP2 1400 41.2g
2018/2/16 KSP2 1400 33.2g
2018/6/中旬 羽化 85.5mm

20180714_095417.jpg

20180714_095601.jpg




KU1714-02
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 30.4g
2017/12/16 KSP2 1400 42.3g
2018/4/2 KSP2 1400 32.8g
2018/6/中旬 羽化 85.2mm

20180714_100043.jpg

20180714_100139.jpg




KU1714-10
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 32.3g
2017/12/16 KSP2 1400 41.2g
2018/4/2 KSP2 1400 34.8g
2018/6/下旬 羽化 85.4mm(ちょっと羽パカ)

20180810_105755.jpg

20180810_105946.jpg



なんともほろ苦い結果になりました^^;





2017KLB羽化報告

皆様、こんばんは!

OOKUWA BOXのJUUです

2017KLBの羽化の結果が出ましたのでご報告します。
当ラインは3本目交換でMAX43.3g Av38.3gと幼虫を大きくすることはできましたが、
羽化は思ったように行かず、完品ですと最大83.6mmと寂しい結果となってしまいました。
他のラインもですが、2017ブリードは最終的に多くの暴れをダ出してしまい、
暴れがなかったのは先日ご報告の87mmが羽化した15番と8番くらい。
他はひどく暴れてしまったので、今期ブリードでは多くの見直しが必要です。

さて、完品ではないですが、
2017KLBラインで大きい幼虫からの羽化個体だけご紹介しておきます。

KU1713-09
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 32.1g
2017/12/16 KSP2 1400 43.3g
2018/6/26 羽化 86.0mm ちょっと羽パカ

20180804_094458.jpg

20180804_094951.jpg

なかなか凄みのあるスタイルで羽化してきましたが、
僅かに翅が開いてしまいました。
この個体は3本目暴れてしまいましたが、交換はせず3本目でそのまま羽化しまして、
羽化した直後は翅も閉じていたのですが最終的にはちょっと開いてしましました。
上翅のシワとちょいパカは余計でしたがスタイルは良いですので来年種親としては使ってみようと思います。



KU1713-02
2017/6/3 KSP2 800
2017/9/16 KSP2 1400 31.9g
2017/12/16 KSP2 1400 42.9g
2018/3/28 KSP2 1400 35.9g
2018/7/上旬 羽化 87.4mm羽パカ

20180804_095829.jpg

20180804_100232.jpg

この個体は3本目暴れて4本目交換35.9gからの羽化
綺麗に上翅が開いてしまいました。



最後に2017KLBの管理表を貼り付けておきます。
1頭ブランクになっていますが、これはセミ化してしまったようでたぶん羽化は難しいと思います。

2017KLB結果



2017KLBライン、3本目交換後には夢を見ておりましたが、思い通りには行かず。
ですが、ひとつ経験できたのでこれを18年度ブリードに生かしてリベンジしたいなぁと思います^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。