夏場の温度管理もなかなか大変です

皆様、こんばんは!


OOKUWA BOXのJUUです



子供たちは今週から夏休みに入っていますが、長女と次女は火曜日から午前中1時間の授業とプールで毎日学校に行っています。

しかしながら、その火曜の夕方から次女が38度の熱を出しています。すぐにかかりつけの小児科に診てもらいましたが、子供の夏風邪とのことです(ヘルパンギーナ?)

熱は1日で下がって元気は取り戻していますが、今度は長女が頭が痛いと、、、。

これだけ近くで接していたら、そりゃ簡単にうつりますね(^_^;)

長女も38度です、、、。


私は来週あたまと、再来週のあたまに少し休みをもらっていますが、今週末からの休みは微妙ですね。。

末っ子長男にはうつらないといいな。。。。



さてタイトルの件、オオクワブリードの方は1本目投入も終わり、今はただただ部屋の温度を気にしています。


先日まではエアコン25℃設定で風量「静音」で運転していましたが、これだと昼間の気温が上がる時間帯に場所によっては28℃以上になることもしばしばでした。


これだとちょっとまずいので、昼間は24℃設定で風量「静音」にしてみたんですが、そうすると23℃台まで下がってしまうこともあるようで、これもまたまずいなと、、、。


今は25℃設定で風量「自動」で運転していますが、一番温度の低い場所の最低温度が24℃台後半、一番温度の高い場所の最高温度が26℃台前半で、だいたい1.5℃の範囲内で管理しています。


※我が家のエアコンは2005年のFUJITSU製で型番AS22NPE-W

  風量は「自動」「強風」「弱風」「静音」「自然風」の5段階です


この温度設定でサーキュレーターでもまわせれば、もっと安定するのでしょうが飼育専用部屋ではないのでどうしても難しいんです。

遮光のために温室前面をカーテンで隠していますが、これも熱がこもる原因になるのでしょうね。


そんな感じでなかなか安定しきらない温度管理ですが、ボトルの方はちらほら食痕がでてきています。









最後の画像は2番ライン(15KU_0211)ですが、この1ヶ月で成長しているのが確認できました。

外から見た感じですが、本土ヒラタで見てきた幼虫より大きく見えたので、既に15gくらいはあるのかもしれません。こいつは♂で確定でしょうかね。


2か月後には2本目への交換になりますが、さらに成長した姿を見せてくれることに期待しています!



それでは今日はこれにて!

スポンサーサイト

COMMENT 0