2014本土ヒラタ最終報告!

皆様、こんばんは!


OOKUWA BOXのJUUです


昨年、採卵して今年羽化した我が家の本土ヒラタですが、人知れず全頭羽化を終えましたので、ご報告します。


まず最大サイズは、以前お伝えしていたこの個体、





サイズは57mm台後半です。


昨年の本土ヒラタは2頭の自己採集の♀の持ち腹から2ラインセットしていましたが、どちらのラインも最大は57mm台となりました。


ちなみに上の画像で小さくぼんやり写っているのが、もう1つのラインの最大個体です(笑)






どうしても頭を下げてしまうので、イマイチかっこよく撮れなかったのは心残りですが、関東の本土ヒラタらしく短歯でかっこよく羽化してきてくれたので満足です(^O^)


こちらの個体、以前のブログでも書いていますが、幼虫時最大(13g)でありながら、♂では最初に羽化してきたんです(4月下旬だったと思います)

もう1つのラインの幼虫時最大個体(12g)も、体重はそう変わらずでしたが、羽化は7月と3ヶ月ほど幼虫期間が長かったので、サイズに関しては逆転があるかと期待していましたが、わずかに逆転ならずでした><


どちらのラインも、2番手は54mm、53mmといった感じで、それくらいのサイズの個体は数多く羽化してきましたが、57mmで羽化してきたのは各ライン1頭ずつでしたので、兄弟の中では大きくなる遺伝子を持っているということになるのでしょうか。


♀に関しては37mmが最大で同じようなサイズの個体が複数出てきましたが、こちらはオスとは逆のラインが最大となりました。


来年の今頃には2015オオクワブリードの結果も出そろっていると思いますが、兄弟の中に突出したサイズの個体が羽化してくるのか!、突出した個体はなくともアベレージのいいラインができるのか!、はたまた不全のオンパレードやミニサイズ続出となるのか、、、


考えれば楽しみは尽きませんが、まずは1ヶ月後の2本目交換の結果を楽しみにしたいと思います(^-^)/



それでは今日はこれにて!


スポンサーサイト

COMMENT 0