2本目菌糸も着々と詰めています

皆様、こんばんは!


OOKUWA BOXのJUUです


昨日の宣言通り、菌糸詰めを開始しました。


昨日の晩に神長さんのS4を6ブロック、本日昼間にエクシードクラフトさんのLEVIN-Gを6ブロック詰めましたが、この作業は本当に体力を使いますね(;^_^A


で、せっかくなので我が家の菌糸詰め(ハンドプレス使用)についてレポートします。

いつの日かプレス機を手に入れたときに、そのありがたさを忘れないために、現状の苦労を記しておきます(笑)


もちろんこれから菌糸を自詰めするって方がおられたら、参考にして頂ければ幸いです。




まず菌糸詰めに使用する用品はこちら





上段左から

消毒用のエタノール、ゴム手袋


下段左から

ハンドプレス機、スコップ、ステーキナイフ、焼き肉用の網


あと写真には蓋しか写っていませんが、菌糸ブロックを崩す時の容器となるコンテナですかね。



まず、ブロック崩しを始める前に、用品をエタノールで消毒します。

詰め替え用のボトルについては、私はエタノール消毒はしませんが、それでカビが生えたりといったトラブルは今まで一度もなかったです。





エタノールを吹きかけてすぐに拭き取ります。

私は拭き取りの際、キッチンペーパーを使用しています。





用品も同様にエタノールで消毒して拭き取ります。


一通り、用品の消毒が終わったらいよいよ菌糸ブロックを崩す作業に取り掛かります。


今回はエクシードクラフトさんのLEVIN-Gを使用します。

どのメーカーのどの銘柄の菌糸ブロックも一様にこのような形で包装されています。





ここでゴム手袋着用し、包装から菌糸ブロックを取り出します。

ブロックを取り出したらステーキナイフでまわりの被膜を取り除いていきますが、これはどんなものでも代用できると思います。





被膜を取り除いたらこのような感じです。

白い部分が残っていますが、この状態で使用しても問題なく菌糸もまわりますし、あまり神経質になる必要はないと感じています。





いよいよブロックを崩していきます。


適当な大きさにブロックを割って、網にあてがうようにして崩していきます。

洗濯板を使用するような要領でやれば、簡単に崩れていきます。



以前は網を使わずに手で崩していたんですが、網を使うことで飛躍的に作業効率がUPしました。





コンテナの容量によりますが、今回は3ブロックでこの量です。


プレス機を所有している方なら一気に崩して一気に詰めるのが楽ですが、ハンドプレス使用であれば、このくらいの量で作業を区切って行う方が効率がよいと感じています。


あと、ハンドプレスはプレス機使用よりも当然時間がかかるので、菌糸の乾燥を防ぐためにも少し小分けで進めていくのがいいように思います。






ブロックを崩し終えたらいよいよボトルに菌糸を詰めていきます。


今回使用するのはこちらのPPボトル(800cc)


重量は蓋なしの状態で約60g

蓋ありで約80gといったところですかね。







スコップを使って、ボトルに菌糸を入れます。





画像のようにいったん満タンになるまで菌糸をボトルに入れます。





スコップでボトルに詰めたら、ハンドプレスでプレスします。


この時、万遍なくプレスがかかるように、8回から10回ほどプレスしていきます。


これをボトルが満タンになるまで、3~4回繰り返して行いますが、菌糸を何グラム詰めたいかでかける圧力が変わるので、調整が必要です。


今回はボトルを除いた菌糸の量を540gで計算していますので、ボトル込(蓋なし)で約600gを目標に詰めていきました。


下の画像はハンドプレスで詰めている様子です。

私の場合は画像のようにボトルを両足で挟んで、上から体重をかけるようにしてプレスしていきます。

こうすることで力が加わりやすく、より容易に堅く詰めることができます。


下の画像、穿いていないように見えますが、、、


安心してください!穿いてますよ!





目標の量を詰め終えました。


昨日今日で、神長さんS4とエクシードクラフトさんのLEVIN-Gを詰めましたが、詰め具合が少々違っていました。


S4は割と簡単に(それほど力を要せずに)、必要量の540g(ボトル込600g)を詰めることができましたが、エクシードクラフトさんのLEVIN-Gは相当力を入れてやっと詰め込むような感覚でした。


これは菌糸の中に含まれる水分量なんかが関係しているのでしょうか?

私にはわかりませんが、とにかくLEVIN-Gをこの量まで詰めるのには今回相当苦労したということだけお伝えしておきます。


おそらくロットによっても違うのでしょうね。ここまで力が必要だと感じたのは今回が初めてでした。





タイベストシートを挟んで蓋をして完了。


だいたい620gほどなので、既製品より少々堅く詰まっている感じでしょうか。





今回は6ブロックで、800ボトル24本とあまり少々といったところです。


6ブロックとも2300gほどでしたので、そこから包装と取り除く被膜の量を除いてあらかじめ計算していましたが、大よそその通りに詰めることができました。


今回所要時間は、S4は準備から後片付けまでで2時間半ほど、LEVIN-Gは準備から後片付けまで3時間半近くかかりました。


同じ6ブロックですが、LEVIN-Gの方はそれほど詰めるのに苦労したということです(苦笑)





これから数日で無事に菌糸がまわることを祈りつつ、ご報告を終えたいと思います。


いや~疲れました!


プレス機がほしいですよ!ほんとに!




それでは今日はこれにて!


スポンサーサイト

COMMENT 0