今期の採卵を占う試し割り

皆様、こんばんは!

OOKUWA BOXのJUUです

今日の午前中にエクシードさんからLEVIN-GSPの800既成ボトルが48本届きました。
これまでエクシードさんにはブリード開始からお世話になっていますが、
1本目、既成ボトルを使用するのは初めてになります。
今回届いたボトルを確認すると、しっかりと詰まっていますね。
重量はボトル、蓋込みで630g、蓋なしだと610gほどでした。
先週までに詰めた自詰めのボトルはPP800蓋込みで600g、蓋なしだと580gほどなので、
その差は30gほど。
1本目3ヶ月強の中で、菌糸の持ちが気になりますが、どんなもんでしょうか。
自詰め、既成と合わせて220本の準備が整いましたので、あとは幼虫採りですね。

さて、タイトルの件ですが、
試し割りと言っても、今期我が家ではグリードSL産卵ケースでの採卵ですので、
試しと言いつつ、本割りなんですが^^;

これまで、グリードSL産卵ケースを使用された方々の実績を拝見していますと、
1ケース目で20頭以上の幼虫確保をされたり、はたまた数頭の確保に留まったりと様々でして、
我が家でも側面から確認できる産み具合で、2セット目へ移行や1セット目で終了と切り分けてきました。

当初は1セット目で終了のセットも、2セット目へ移行したセットも、
1セット目は6/4に割出し、即1本目投入を考えていましたが、
お伝えしていましたカビが気になるのと、思ったほど産んでいなかった場合の
リカバリーを考えて、1セット目で終了したケースの割り出しを慣行しました。

1セット目で終了したペアは以下↓↓↓

・メルリン14-6 82 × メルリン14-12 51
・メルリン14-6 82 × メルリン14-13 52
・B団とも(854×541) 835 × masuko14-6 53

まずは、メルリン14-6 82 × メルリン14-12 51 のケースから

・メルリン14-6 82 × メルリン14-12 51
・セット期間:2016/5/7~2016/5/18
・割り出し:2016/5/29

IMG_7112.jpg

これが申し上げていました、カビですね。
実はこのケースはまだマシな方でして・・
グリードSL産卵ケースを使われている皆さんがこんなことにはならないと思いますので、
家の環境が悪いのかもしれませんね^^;

IMG_7113.jpg

割出前、外から確認できた幼虫は写真の1頭のみ


IMG_7114.jpg

割り出し作業は材のそれとは違い、
素手でほろほろと菌糸を崩していく感じです。
特別気を使わなくても、そうそう幼虫を潰して★にしてしまうことは無いかと。
作業時間の短縮と、割出時の安全性は大きな利点かと思います。


IMG_7116.jpg

結果は、
幼虫14 卵2

今期12ラインで200頭強の予定ですので、
この数は、いきなりドンピシャでした!^^


IMG_7118.jpg


作業後はプリンカップで保管することとしました。
写真でも写っていますが、孵化したてのド初令幼虫が何頭かおりました。
セット解除から11日目の割り出しですので、当然と言えばそうなんですが、
何か理由がなければやはりあと1週間は割り出しを待った方がいいかと思いましたね。


続いて、メルリン14-6 82 × メルリン14-13 52 のケース

メルリン14-6 82 × メルリン14-13 52
・セット期間:2016/5/7~2016/5/19
・割り出し:2016/5/29

IMG_7119.jpg

こちらのケースも先ほどと同様にカビが・・・(汗)

セット期間は1日長く、12日間になりますね。


IMG_7121.jpg

事前に確認できた幼虫はケース底に1頭


IMG_7123.jpg

結果、
幼虫7 卵3

多少少ないか?と思いましたが、
他のペアのほとんどが2セット目を組んでいることもあり、
全体の数を考えると、逆にこれくらいがいいか?
色々考えましたが、2セット目はやらないことにしました。


IMG_7126.jpg

こちらも同じく、1週間プリンカップ管理ののちに1本目投入としたいと思います。

もうひとペア、1セット目で終了した、
B団とも(854×541) 835 × masuko14-6 53 ですが、
こちらはおそらく爆産してるかと。
現在ケース側面で7頭の幼虫が確認でき、
先の2ケースの割り出し状況から、少なくとも20頭以上、もしかしたら30頭近く?の
幼虫がいそうでして、再セットの必要性0と判断しましたので、
本日割り出しは見送りました。


その他のペアの状況は以下

・マツノ14-6 80 × マツノ14-23 52 ⇒5/29 2セット目終了
・メルリン14-5 81 × メルリン14-12 54 ⇒5/29 2セット目終了
・メルリン14-5 81 × メルリン14-13 53 ⇒5/29 2セット目終了
・B団とも(854×541) 835 × メルリン14-5 52 ⇒5/29 2セット目終了
・B団とも(854×541) 835 × BergSpinne HE1-26-05 53.7 ⇒5/23 2セット目開始継続中 
・masuko14-5 84 × masuko14-11 54 ⇒5/28 2セット目開始継続中
・masuko14-5 84 × B団とも(854×541) 52 ⇒5/23 2セット目開始継続中
・masuko14-5 84 × BergSpinne KU2-26-07 53 ⇒5/29 2セット目終了

セット終了したペアでは、
マツノ14-6 80 × マツノ14-23 52、
メルリン14-5 81 × メルリン14-13 53、
この2♀は結構産んでそうな雰囲気で、
それ以外はまぁぼちぼち。
2ケースの合計でなんとかOKくらいなのかな?と思っています。

それから1セット目で産卵が確認できずに、
再ペアリングを経て2セット目に突入していた、
B団とも(854×541) 835 × BergSpinne HE1-26-05 53.7 のペアですが、
5/27に1ケース目を確認するとケース底に幼虫を確認することができました^^
再ペアリングは不要のようでしたが、2セット目ではケース側面に産卵も確認できていますので、
順調かと思います。

これで幼虫確認ができていないのが以下2ライン、
masuko14-5 84 × masuko14-11 54、
masuko14-5 84 × B団とも(854×541) 52、
ですが、
masuko14-5 84 × B団とも(854×541) 52 は有精卵と思われる卵を確認していますので、
時間の問題かと^^
心配なのはmasuko14-5 84 × masuko14-11 54 のペアです。
1セット目で多くの無精卵を産んでいますので、再ペアリングを経て、
きちんと有精卵を産んでくれるのか?
このライン、何気に期待値は高いので是非採りたいんですが。
取り敢えず、取れるまでは頑張ります(笑)

最後に、本日2セット目を解除したケースですが、
1ケース目と同じようなカビに見舞われるのは勘弁願いたいので、
セット終了後、ケース蓋と、ケース内側の水分を拭き取り、
蓋とケースの間にティッシュを2枚かましました。

20160528_212954.jpg


こんなもので効果があれば儲けものですが、
折角の菌床セットなので、孵化してから割出しまではしっかり食ってもうためにも、
少しの効果に期待したいです。



スポンサーサイト

COMMENT 10

ミンドル  2016, 05. 30 [Mon] 08:11

おはようございます!

綿密な計画と計算通りの頭数確保予定は、流石ですね。お互いに無事計画頭数採れると良いですね (^_^)
菌床産卵は途中経過の分かりやすさと、割出しのリスクが少なさそうですね。
来年は数ライン試してみます。

Edit | Reply | 

JUU  2016, 05. 30 [Mon] 08:27

To ミンドルさん

材に比べ、割り出しは劇的に簡単ですね^^
ただ、材からの割り出しは時間もかかりますし神経も使うのですが、作業としては楽しいものと感じていますので、今期1本もないというのは趣味を楽しむ上では少々寂しいですね^^;

ミンドルさんのところの巨大産卵木。
割り出しレポート楽しみにしています^^

Edit | Reply | 

ここまで来たら全ラインから幼虫取りたいですね(^_^)
菌床産卵は産卵木に比べると産卵数(多い少ない)の把握がし易いのもメリットでしょうかね。
産卵数のコントロールは出来た方がいいですもんね!

Edit | Reply | 

JUU  2016, 05. 30 [Mon] 08:54

To skipさん

そうですね^^
ここまできたら、全ラインから幼虫確保したいです。
該当の♀ですが、今のところ菌床に潜って掻き回すような動きで、ちょっと?なんですが(^^;
理想の数とは中々いかないと思いますが、最後は帳尻合わせたいですね^^

Edit | Reply | 

チョネ  2016, 05. 30 [Mon] 21:23

こんばんは

順調といえるのでは。
我が家では昨年菌床産卵も数セット組みましたが、今年は最後の切り札
に。^ ^

Edit | Reply | 

yymaverick  2016, 05. 30 [Mon] 22:23

yymaverick

JUUさん
こんばんは。産卵set順調そうですね。私もSLケースのように、ある菌糸をケースに詰めて菌床産卵させたことがあります。菌糸が痩せてくるとケース側面と菌糸に隙間があいて、隙間に入った水滴からアオカビ出てきますね。

カビが増える前に割り出して、マット管理をお勧めします。カビの中に有った卵でも霧吹きしてカビを洗い流せば、ちゃんと孵化してきますから大丈夫。

爆産しちゃいますね。

Edit | Reply | 

JUU  2016, 05. 30 [Mon] 22:39

To チョネさん

再ペアリング組以外はセット終了しましたが、割り出し待ちのケースから日毎に確認できる幼虫が増えるので、少々逆の心配もし始めています^^;

チョネさんところは産卵経過いかがですか?
ブログ更新、楽しみにしています^^

Edit | Reply | 

JUU  2016, 05. 30 [Mon] 22:47

To yymaverickさん

菌床産卵、ご経験されてるんですね^^
大体が11日のセットでしたが、もう少し早く♀が掻き回す前に終了したらカビ発生も少しはマシになりそうですね。

外から見えてる卵はだいたい孵化したんですが、今は幼虫がカビに触れて(食べてしまって)どうにかならないか心配してます^^;

Edit | Reply | 

アトム  2016, 06. 02 [Thu] 01:29

なかなか良いですね。

JUUさん、こんばんは。
グリードケースなかなか良いですね。
材は試し割りしないと中に幼虫いるかわかりませんからね。既製品ボトルもなかなかの詰まり具合、1本目からデカイのでそうですね。

Edit | Reply | 

JUU  2016, 06. 02 [Thu] 01:55

To アトムさん

外から見えるのは、なかなか良いですね^^
その反面、見えないとかなり不安になります^^;
外から産卵が確認できなかったケースでも、孵化した幼虫が出てくることもあります^^
今週末に割り出しますが、そこで大体の数は把握できるかと^^
LEVIN-GSPの既製ボトルは今回なんだかすごく詰まってました。1本目からでかくなってほしいですね^^

Edit | Reply |