きっかけは・・・つづき其の②

皆様、こんばんは


OOKUWA BOXのJUUです


今日は少し暖かかったですが明日は雪が降るみたいですね

我が家は都内なんですが最寄りの駅からバスを使わなければいけないような場所なんで、バス待ちの時間がいまから億劫ですねぇ


さて、昨日の続きです。


~ ~ ~


そうやって始まった我が家のクワガタ飼育なんですが、採集にでかけては増えていくクワガタたちを眺めながらふと思いました。


こやつらは卵産ませて幼虫育てて羽化させるにはどうやったらええんかの??


思えば子供のころ、カブトムシは放っておいても勝手に産卵して勝手に成虫になって出てきたけど、クワガタが産卵したのは見たことないし、冬眠するのは知ってたけど実際翌年の夏まで生きてたことってあったっけか?


考え出すとたくさんの疑問がでてきて、そこからいろいろ調べました。


そしたらクワガタに産卵さすには産卵セットなるものを組んでやって、それも種類によってそのセットの組み方が変わると。。ふむふむ

産卵に適した温度帯があって、その温度にならないとなかなか産卵しませんよ、とか。。ふむふむ


調べれば調べるほど、未体験ゾーンのクワガタの産卵から羽化までの経過を、自らの手でやってみたいな、と

子供のような好奇心がふつふつと湧きあがってくるのを久々に感じて、これはやらずにはいられないな、と


そんなわけで、我が家の狭い玄関には産卵セットのためのケースが追加で並べられることに。。


当然、突き刺さる嫁さんの視線を気にしながら、、、

やっぱりこの頃になってくると、嫁さんも自分の旦那が今までとちょっと違うなと感じていたようで、まぁまぁ、そこそこ機嫌がわるくなったりならなかったり、、


それでもうちの嫁さんは割と優しいんでしょうか。

我が家から車で少し走ればいけるような距離の昆虫ショップをネットで探し出しては、「ねぇ、次はここ行ってみたら」と勧めてくれるんです。

当然そうなると一緒に行くんですが、行った先ではワーワーキャーキャーとウルサイデス。。。

(でもとても感謝してます)


そんな感じで始まった我が家のクワガタ産卵セット


コクワ、ノコギリ、ヒラタと捕まえていたんですが、トライしたのはヒラタクワガタです


その模様は、また次回にします。


では!







スポンサーサイト

COMMENT 0