ペアリング途中経過~期待の1番!

皆様、こんばんは!


OOKUWA BOXのJUUです


今日の東京は朝から雪が降りましたね。


もう4月も中旬に差し掛かる頃だというのにびっくりです。


これだけ気温の変化が激しければ温度管理も大変かと思いきや、先日設置したニューマリンズさんのサーモは実に優秀で、狙った温度から外さずに保ってくれています。


いやぁ、このサーモには感謝ですねぇ



さて、タイトルの件です。


我が家はオオクワブリード初年度ということで、やることなすこと全て初めての経験ということになりますが、ペアリングも当然のことながら初めてなわけです。


期待の1番のペアだけにペアリングが上手くいかない、、、最終的に産卵しない、、、なんてことは絶対に避けたいことなので、まずはこの第一関門を突破できるかどうかは非常に重要です。


そんなうんちくを色々と考えながら、恐る恐るケースを確認してみました。


(・・・・、きっと仲良く餌皿の下にいるはずだ・・・・・・)




まずはコバシャの蓋を外して中を確認したところこんな感じです


(いたって普通ですね。。。)


そして満を持して餌皿を持ち上げると・・・




どーーーん!


見た感じ、これはいいのではないでしょうか!?


なにせ初めてですので、これがどうなのか自己評価もしようがないのですが、


・4日間事故なく同居

・♂♀仲良く餌皿の下で寄り添う


上記2点は確認できている事実なわけですが、この4日間で無事に交尾が成立していることを祈るばかりですね。


この♂にはこれから1日休んでもらって、明日にはまた別の♀とのペアリングを開始する予定です。


4/4に同時にペアリングを開始した、4番、6番、8番は明日一旦解除の予定ですので、その様子も追ってレポートしたいと思います。



それでは今日はこれにて!


皆様、おやすみなさいませ





スポンサーサイト

COMMENT 0