本土ヒラタ♀羽化第一号を計測してみました♪

皆様、こんばんは!


OOKUWA BOXのJUUです


家の娘が通う小学校では週末の宿題で2年生のときから「先生あのね・・・」で書きだす作文の宿題があります。


ぞくにいう、「先生あのね」、私が小学校のときにもまったく同じ宿題がありましたが、これは全国共通で長らく続いてる教育文化みたいなものなんでしょうかね。


長女は文章を書くのに少々苦手意識を持っているようで、毎週この宿題は時間をかけて仕上げているんですが、先週末に娘が書いた文章がクラス便りにでかでかと掲載されたんです♪


書いた内容はクワガタネタです(笑)


家にはクワガタがいっぱいいます、、、から始まって、なかなか面白い文章でしたので、先生の目にもとまったんでしょうか。


これを自信にして頑張ってくれたら嬉しい限りですv(^-^)v



さてさて、今日も昨日に引き続き本土ヒラタネタです♪


3/29に羽化確認しました、我が家の本土ヒラタ羽化第一号の♀個体ですが、羽化から2週間少々が経過し、色もだいぶ黒くなりましたのでノギスで計測してみました。


こんな羽化直後の個体を触るのは初めてのことですので、少々緊張しましたが、私の緊張をよそに動きは鈍いながらも堂々と威嚇してきました。


それでは計測画像をご覧になってください!




まだ少しお尻が収まりきっていない感はありますが、ここから縮んでも35mmはキープしてくれそうです。


昨年、本土ヒラタは採集個体で2ライン組んだんですが、こちらの親虫は小さいほうの個体(28mmほど)でしたので、それから考えると35mmUPだといい感じですね(^-^)


こちらの個体より大きい♀個体はたくさん出てくると思われるので、40mmくらいのは出てきてくれるかもしれませんね。


ところで本土ヒラタ♀の40mmて大きいのでしょうか?


基準がもう一つわからないでいますが、なんとなく40mmを超えてくれるとテンションが上がりそうな気がしています。。。(笑)



それでは今日はこれにて!


皆様、おやすみなさいませ





スポンサーサイト

COMMENT 0