3番、5番の割出し!

皆様、こんばんは!


OOKUWA BOXのJUUです


今日の東京は30℃を超えたようで暑かったですね。

我が家のブリードも1本目投入開始したこともあり、ぼちぼちエアコンで温度調整しています。

1本目の6月から9月は25℃~26℃での管理を考えていますが、エアコンだと外気との兼ね合いで中々狙い通りの温度で落ち着いてくれませんね。


さて、タイトルの件ですが、3番と5番の産卵セットを割出しました。


作業は昨日(6/14)なんですが、最近はクワ作業も時間がかかってしまって、ブログでの報告がだいたい翌日になってしまいます(汗)


では早速いきます。


まずは3番です。


3番:(メルリン久留米13年3番82.6mm×メルリン久留米13年2番53.7mm)

産卵セット:2015/5/16~2015/6/1

割出し:2015/6/14


このラインは数日前にケース側面に幼虫が確認できていて、材も相当齧られていたのでそこそこの数を期待しての割出しとなりました。





材を割り始めてしばらくで幼虫を確認できました。





孵化したての初齢幼虫も出てきます。

6/1セット解除ですので、もう少し割り出しを遅らせてもいいのですが、私の場合は数が気になるのでどうしても早めの割り出しになります。


あまり少ないと再セットを考えなければならないですし、多すぎると再度産卵セットを組んでいる4番、6番、7番、8番の即解除も考えないと、、とどうも考えに落ち着きがないです(苦笑)


それだけに幼虫が出てきては一喜一憂しながら割り出しを楽しんでいます。





結果、3番ラインの割り出しは、

幼虫13頭(1頭★に、、、ごめんなさい。。)





この3番ラインは12頭の管理となります。


期待していた数からしたら半分の結果(20~25くらいほしかった><)に少々落胆しましたが、気を取り直して続けて5番の割り出しを行いました。



5番:(メルリン久留米13年10番82.4mm×メルリン久留米13年5番52.6mm)

産卵セット:2015/5/16~2015/6/3

割出し:2015/6/14


こちらもいい感じに材は齧られています。

写真では分かり辛いですが、これまで割ってきた材と比べるとかなり柔らか目の材でした。

どれも同じドルクスルームさんのカワラ材ですが、ロットによって多少違いはありますね。




材が柔らか目だったこともあり、年輪に沿ってというよりも、手でボコッと割っていったところ幸先よく幼虫が出てきました。





材が柔らかく心配していましたが、そんな心配とは裏腹にどんどん幼虫が出てきてくれました。



結果、

幼虫29

卵2


計31頭の割り出しとなりました♪


初齢終期から孵化したての幼虫までさまざまでしたので、このラインの1本目投入時期は幼虫の成長によって1週間ほどずらそうと考えています。





1本の材から30頭ほど出てくると次々と出てくる感覚で、これまでで一番楽しい割出しとなりました。

しかしながら、長時間同じような姿勢で集中していましたので、腰にきますね(笑)


用意した菌糸が142本でしたので、前半の不振からその数にとどくか心配していましたが、おそらくは心配なさそうです。


これで割出しの残りは2番と、4番、6番、7番、8番の再セット分ですが、これは142本オーバーしてしまいそうですね(汗)



6番、7番の再ペアリングからの再セット組みについても近々確認してご報告しようと思います。


6番、ほしいなぁ。。。



それでは今日はこれにて!




スポンサーサイト

COMMENT 0